島村楽器 仙台イービーンズ店 シマブロ

島村楽器 仙台イービーンズ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ATV aDrumsデモンストレーション&試打会】レポート!!

電子ドラムの新時代と言っても過言ではない。そう思わせるような電子ドラム【aDrums】
今回はaDrumsをレポートしたいと思います!!
f:id:shima_c_sendai:20170927111707j:plain

ルックスについて

f:id:shima_c_sendai:20170927131848j:plain
まずはルックスですが、生ドラムと何ら変わりません。
電子ドラムであるという事をこの時点で忘れてしまっていました…汗
シェルはラッカーで塗装されているので艶と光沢が綺麗です。シンバルスタンドもすごくしっかりとして安定しています。
太鼓とシンバルの口径も、生ドラムとはやや小さめですが気にするほどでもない印象です。
f:id:shima_c_sendai:20170927132148j:plain
音源モジュールもコンパクトで、つまみ類も最小限でとどめております。
通常、電子ドラムではケーブル類はラックに絡めたりという事をしますが、aDrumsにはラックが一切ありません。
なのでケーブルは床に張るという形です。見た目でごちゃごちゃしていません。とてもスッキリしています。
もはや生ドラム...いいえ、電子ドラムです。
生ドラムのヘッドを張れば鳴るそうです(笑)

叩き心地について

f:id:shima_c_sendai:20170927132046j:plain
さて、気になる叩き心地ですが...面白いことに打感は電子ドラムですが、
叩き方は生ドラムみたいに叩かないと鳴らないのです。
この表現は多少誤解を招くかもしれませんが。叩き方が小さいとピアニッシモの音になります。
逆に叩き方が豪快だとフォルテッシモの音になります。
通常電子ドラムは多少小さくたたいても大きい音が鳴ります。aDrumsは違います。上記の通りです。
つまり生ドラムと同じ叩き方でないと鳴りません。つまりどういう事かというと、
練習やプリプロ段階で本番を意識しながらフレーズなどの練習やイメージができるのです!
先程も書きましたが

  • 小さい音でも大きい音が鳴ってしまう→生ドラムとのギャップがある
  • コンパクトが故のタム移動フィルが楽ちん→生ドラムだと出来ないこともある

これらは従来の電子ドラムの課題でした。
aDrumsの場合、これらの課題が感じない印象でした。
この時点で私は脱帽…(帽子は被っていません)

音について

さて一番重要な【音】です。
書き切れないほど情報があるのですが、まとめてますと【生ドラム】です。
従来であればアンビエンスやマイクの位置の効果を調整出来たわけですが、aDrumsにはありません。
プリセットされているドラムの音源(生ドラムの音源)各種を最高の状態で録音されています。
本当に生ドラムの音です。シンバルの減衰やライドのカップ音もナチュラル。叩いた時のリバーブ感もとてもリアルです。
タムの抜け具合やフロアタムのロ―の出かた等。クローズリムの打感。すべてにおいて文句の付けどころがありません。
最高の電子ドラムだと感じました。

デモンストレーション&試打会

さて、ここまで私が感じたことを書いてきましたが、まだまだ書きたい事いっぱいありますが、文章長くなってしまうので、
ここからはデモンストレーションと試打会です!
デモンストレーションはプロドラマーの【稲田 渉さん】です!!
まずは稲田さんのプロフィールから!!

稲田 渉(プロドラマー)

f:id:shima_c_sendai:20170927111732j:plain
2003年バークリー音楽院プロフェッショナルミュージック科入学。]]
在学中より、様々なプロジェクトに参加。2005年主席で卒業。
帰国後は、多数のライブ、レコーディングに参加。
2016年より「WISH Music & Support」を立ち上げ、楽曲提供、ライブイベントプロデュースも手掛ける。

デモンストレーション

f:id:shima_c_sendai:20170927132234j:plain
そしてデモンストレーションでございます!!
圧巻の一言です。ドラムのダイナミクスコントロールとグルーヴのうねり。フレージングの構成。
私もいちドラマーとして体で感じながら勉強しておりました!
様々なジャンルで演奏してくださり、そのジャンルに合ったドラムセットの音源を変えていました。
デモンストレーション最中に稲田さんの面白いお話しを聞くことが出来ました。
稲田さんはジャズを得意とするドラマーさん。中でも面白いお話しがバスドラムの表現についておっしゃっていました。
バスドラムのミュート奏法について。
『通常バスドラムのなかには毛布やミュート材などが入っておりますが、ジャズドラムには入っていないのでペダルのビータ―でミュートする奏法があるのですが、従来の電子ドラムでは表現できなかったところ、aDrumsでは表現が出来ているのでとても感動した』と。
この後もジャンルごとのデモ演奏が続き、デモ演奏は終了となりました。

試打会

f:id:shima_c_sendai:20170927132255j:plain
続いては試打会。
私がオープン前に叩きすぎたのはお許しください…汗
多くのお客様がご来店!たくさんの方が試奏されていかれました。皆さま口をそろえて『楽しかった!良い音がする!』と口にしていました!
その後もお問い合わせの電話もあったりと、とてもいいイベントになりました。
時期的なところは未定ではありますが、仙台店では今後展示導入を検討しております。
その際は、是非ご自身の五感で感じて下さいませ!
以上、仙台店ドラム担当:早坂の【ATV aDrumsデモンストレーション&試打会】レポートでした!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.